DSC_5450edit.jpg

About the Designer

Naomi Sundberg
(サンドバーグ直美)

1989年生まれ、東京育ちのアメリカと日本のハーフ。 NYパーソンズ、コミュニケーションデザイン学部を卒業。現在ファションモデル、アートディレクターなど多岐に渡り活躍中。1989年生まれ、東京育ちのアメリカと日本のハーフ。 NYパーソンズ、コミュニケーションデザイン学部を卒業。現在ファションモデル、アートディレクターなど多岐に渡り活躍中。

message

“下着の定義を考え直したい。そういう思いからブランドを造りたいと思いました。私が高校生の時にフランスの下着に出会ったのがきっかけです。

当時、日本の学生が手に取りやすい下着にはあまり種類がありませんでした。下着のデザインは主にレースやフリルで、パッドが厚く、ワイヤーとカップが硬いモノ。それが当たり前だと思っていた私は、男性に好まれることを優先し、自分の価値を低く持ち始めました。

フランスの女性が着る下着は真逆で、体やフェミニンさを主張せず、とてもエレガントなデザインばかりでした。それをファッショナブルに着こなす女性たちがとても魅力的に見えたのです。

その後、大学で4年間ニューヨークに住み、多くの人の生き方や考え方と触れ合って、刺激されました。日本人にニューヨークが教えてくれた自由なライフスタイルを知ってもらいたい。一人一人が持つ個性の種を活かす、ブランドを立ち上げたいと思いました。自分に合うものを選び、身に着けることで自分らしさが生まれる。 自分をもっと知って、自分をもっと好きになれる。

ブランドが持つ思いが下着を着る女性達に伝わると、とても嬉しいです。”